断捨離によるデメリットとは

 

断捨離は、自分に不要なものを捨て、必要なものだけを残す方法ですが、本当に必要なものを選び取れなかった場合など、後悔する人もいるようです。

 

断捨離で後悔した原因としては、周りの人間にとって大切なものを捨ててしまった場合があります。自分にとっては不要と思えたものでも、家族などにとってかけがえのない宝物の場合があります。

 

家族がいる場合、また同居する人がいる場合は確認を取って捨てるといいでしょう。

 

再利用できるものまで捨ててしまった場合もあります。洋服などの流行が戻ってきて、後から後悔してしまうパターン。また、レアなグッズなどは高値がついていることをあとから知ると後悔してしまうことがあります。

 

もう手に入らないものを捨ててしまった場合も考えられます。思い出などは本当に後悔しないのかよく自分で考えた方が安心です。

 

また、断捨離は、一度捨ててしまってもまた必要になれば買い直せばいいという考えですが、もう販売されていないものなどもありますので、確認して処分しましょう。

 

断捨離による後悔やデメリットをご紹介してきましたが、インターネット調査によると、過去に物を捨てて後悔したことがあると答えたのは20%以下という結果が出ています。

 

リサイクルショップなどでの買取もあり、金銭面も含めて80%以上の人が捨てたことを後悔していないのでしょう。

愛の世界

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です